browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

いよいよ中盤「八重の桜」が面白い

Posted by on 2014年9月4日

NHK大河ドラマ「八重の桜」が中盤にさしかかりいよいよ八重が戦いに参戦する所です。
歴史上、会津藩は非業の運命を遂げているのでこれからの大河ドラマの展開がとても気になります。
意地をはって薩長連合に立ち向かう松平容保はやはり徳川という大きな威信を背負ってしまった所が残念です。
それとは逆に徳川慶喜はあっさり江戸城を無条件で開城し降伏してしまうところなんかは
ひょっとして時代の流れを読んでいたのかもしれません。
西洋文化がどんどん入って来て鎖国をしても各国列強がどんどん日本に入ってきては
これから立ち行かぬと考えたのかもしれません。
会津藩の降伏、若松城の残状などテレビでどう映し出されるのかある意味楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>